生に目的はない

友人の Noel Tock が年始にシェアしていたこの動画がやばい。

最近ずっと聞いている。翻訳してみた。難しかったのは以下の言葉。

「playful: 遊び心にあふれた」「travel/journey: 旅行/旅」「end: 終わり/目的」「the thing: そのこと」


Alan Watts “Life has no final destination”

The existence, the physical universe is basically playful.

存在、この世界は playful だ。

There is no necessity for it whatsoever. It isn’t going anywhere.

世界に”必要なこと”なんてなにもない。どこにも向かわない。

That is to say, it doesn’t have some destination that it ought to arrive at.

つまり、たどりつかなくてはならない目的地などない。

It is best understood by analogy with music. Because music, as an art form is essentially playful. We say you play the piano. You don’t work the piano.

音楽にたとえると分かる。音楽、芸術としての音楽は本質的に playful だ。”play the piano”とは言うが、”work the piano”とは言わない。

Why? Music differs from, say, travel. When you travel, you’re trying to get somewhere.

なぜか。音楽は travel (移動)とは違う。travel する時、人はどこかを目指している。

And of course we, because being compulsive and purposive culture, are busy getting everywhere faster, faster, and faster, till we eliminate the distance between places.

私たちは、衝動的で合目的的な文化に暮らしているので、すべての場所にもっとはやく、もっとはやくとたどりつこうとする。場所と場所のあいだの距離を消去している。

So you eliminate the distance, and you eliminate the journey. The fun of the journey is travel, not to obliterate travel.

距離を削除しながら旅(journey)をなくしている。Journey の楽しみは travel(移動)すること自体にあり、travelをなくすことではない。

In music, though, one doesn’t make the end of a composition. If that were so, the best conductors would be those who played fastest. And there would be composers who wrote only finales. They would go to a concert just to hear one crashing chord. Because that’s the end!

ひるがえって音楽ではどうか。人は曲の終わりに向かっているわけではない。もしそうであったなら、速く演奏するのがもっとも素晴らしい指揮者ということになるし、作曲家はフィナーレしかかかない。聴衆は、ひとつの和音を聞くだけのためにコンサートに行く。なぜならそれが end (終わり/目的)だから。

Say when dancing. You don’t aim at a particular spot in the room because that’s where you should arrive. The whole point of dancing is to dance.

ダンスするとき、部屋のある特定の到達すべき地点を目指してはいない。ダンスをすることの意味は踊ることにある。

Now, but we don’t see that as something brought by our education into our everyday conduct.

ところが、教育が私たちの日々の営みにもたらしているものは、このように捉えることができない。

We’ve got a system of schooling which gives a completely different impression. It’s all graded and what we do is, we put the child into the corridor. With a kind of, “Come on, kiddy, kiddy, kiddy” and they all go to kindergarten, and that’s a great thing because when you finish that you get into first grade.

私たちは学校システムから、まったく異なる影響を受ける。すべてに段階がある。私たちは、小さな子どもをこのシステムの廊下に連れていって「おいでおいで」をする。子どもたちが幼稚園に行く。素晴らしい。なぜなら幼稚園が終わると一年生になれる。

And then come on first grade leads to second grade and so on and then you get out of grade school you got high school, and it’s revving up, the thing is coming, then you’re going to go to college. And then graduate school, and when you’re through with graduate school, you go out to join the world.

それから一年生は二年生へ、、、と続き、高校へ。加速していく。「その時」は近づいている。大学へ進み、卒業し、大学院へ進み、それが終わると、外へ出て、世界に参加する。

Then you get into some racket where you’re selling insurance. And they’ve got that quota to make, and you’re gonna make that. And all the time that “thing” is coming. It’s coming, it’s coming. That great “thing.” The success you are working for.

それから保険を売る仕事に就く。ノルマがあるので、それを達成する。そうしているあいだ、「その時」は近づいてきている。だんだんと近くに、到着にむかっている。達成すべき「成功」に。

Then you wake up one day about 40 years old. You say “My God, I’ve arrived.” And you don’t feel very different from what you’ve always felt. And there’s a slight letdown because you feel there’s a hoax. And there was a hoax! A dreadful hoax.

40才くらいのある朝目覚めて「神よ!たどりつきました!」と言う。でもこれまでとあんまり変わった感じがしない。むしろ少し期待はずれだ。なにかに騙された?インチキだ。恐ろしいイカサマがあった。

They made you miss everything by expectation.

このインチキのせいで、すべてを取り逃した。ある勘違いのせいで。

Look at the people who live to retire. They put those savings away. And then when they’re 65 they don’t have any energy left. They are more or less impotent. And they go and rotten in old people, senior citizen’s community.

リタイアするために生きてる人たちがいる。後生大事に貯金してきた。65才になって、活力も気力もなくなった。そして、老人コミュニティーの中でくさっていく。

Because we simply cheated ourselves the whole way down the line.

人生の途上、自分たちをずっと騙してきたから。

We thought of life by analogy with a journey, with a pilgrimage, which had a serious purpose at the end and the thing was to get to that end, success or whatever it is, or maybe heaven after your death.

人生について、旅(journey)になぞらえて考えてみた。この巡礼の旅の終着点には、切実な目的があって、そこにたどりつこうとしていた。成功でもいいし、なんらかの目的へ向かっていた。死後の天国のことでもいい。

But we missed the point the whole way along. It was a musical thing, and you were supposed to sing or dance while the music was being played.

しかし、人生の途上、ずっと勘違いしていた。生きることは、音楽だ。そして、音楽がならされているとき(playされているとき)、あなたは歌ったり、踊ったりしているべきだった。


どうですか。文字起こしに間違いがあるかもしれない。翻訳も間違えてるかもしれないので見つけた人は教えてください。

コメントを残す