令和元年度、男木小中学校卒業式のPTA会長 祝辞

昨年のものはこちらにあります。今年も、PTA会長として挨拶をしてきました。子どもたちの大事な日に、何かを伝えられるかもしれないというのは貴重な機会でした。そんな聴衆、なかなかいないですよね。

というわけで、以下が祝辞の全文です。


祝辞

本日の卒業式にあたり、PTAを代表いたしまして、お祝いの言葉を述べさせていただきます。

本日はご卒業おめでとうございます。
ご来賓のみなさま、地域のみなさま、本日はお忙しい中、ご臨席を賜りましてどうもありがとうございます。

校長先生をはじめ、諸先生方には日頃から、子どもたちを優しく、厳しくご指導いただき、本当にありがとうございます。

(卒業生のお名前)、ご卒業おめでとうございます。いろいろ考えて来ましたので、大人の一意見として、聞いてみてください。

昨年の卒業式でも、今日と同じように、私はここで挨拶をしました。その時は、みなさんの寿命は何歳なのかという話をしました。

はい、そうです。みなさんは病気、事故なく生きていけば、100歳まで生きることになります。22世紀を、大変元気に迎えることになります。そんな未来の話もしました。そして、未来の世界の様子は分からない、ということも言いました。

もうすぐ実現する自動運転、月に秘密基地、人間の形をしたロボットのサッカーチームが人間に勝つ、3Dプリンタで家や町を作る、火星に人間が住み始める、、、そんな世界がどうやらやってきそうだということです。

日本や世界はどうでしょう?

日本は、高齢者が増えて、子どもたちの数が減っていて、人間の数がどんどん減っていきます。政治や経済のことを考える人たちは、人口が減っていくことをとても心配しています。人が減ると、働く人もものをやサービスを買う人も減るので、経済が小さくなっていくという心配です。

世界では、国と国の境目がなくなり続け、これまではバラバラに暮らしていた人たちの、異なる文化、異なる言語、異なる宗教や考え方が、どんどんどんどん混じり合っていきます。これは、歴史上初めてのことなので、何がどうなることやら分かりません。

そうした未来の世界を迎えるにあたって、私たちが知っていることはとても少ないです。ただ、確実にわかっていることが一つあります。それは、「私たちには未来の技術や社会や人間のことは、分からない」ということです。分からないんだ、ということだけが分かっています。この分からなさのことを、不確実性と言います。

そんな不確実な世界を迎えるにあたって、私たちはどう生きればよいのでしょうか?

私は、変化を楽しむということだと思います。変わることは面倒くさいですし、時間も体力も使います。お金もかかることでしょう。でも、新しいことができるようになったり、新しい考え方ができるようになるということは、面白いことでもあります。これから85年間の間、5年毎に大きな変化を体験すると考えると、みなさんは人生で17回の大変化を仕事や家族や生活で起こしていくことになります。恐れずに、やっていきましょう。

どうすれば怖がらなくて済むのか。どうすれば、変化を楽しめるのでしょうか?私が、東京で働いていた頃、もう10年以上前ですが、島根県の隠岐郡というところにある海士町という島で暮らす友達がこう聞きました。「西川くん、最低限生きていくのに必要なお金ってどのくらいだと思う?」僕は、子どもたちの教育費のこと、保険のこと、東京の家賃のこと、携帯料金やら色々のことを考えて「毎月20万円、いや、毎月15万円あれば、家族で暮らせると思う」と答えました。すると僕の友達は「いやいや、5万円をタンスの中にしまっておいて、それを僕たちの島までの交通費と考えれば、それだけでいいよ。島に来れば食べるものや仕事や寝泊まりする場所はあるから」と言いました。

生きるということは、何も家賃12万円のアパートに家族で住みながら、携帯の料金を5人分払って、受験をして、時々映画を見たり本を買ったり外食をしたり、ということだけではないということを教わりました。それは、この2010年のころの、東京に住んでいた25歳位の僕にとっての生きることの定義だったのかもしれません。そんなこんながあって、私は家族でバンコクへ引っ越し、イギリスの会社で働きながら、男木島で暮らすということになっています。不思議なものです。

これから85年のことなんか、やっぱり誰にもわからないということだけが分かっています。そして変わり続ける、不確実な世界で楽しく生きる秘訣は、私たち自身が変わり続け、不確実であり続けることです。でも、結局はそれが一番楽です。世界やルールが変わっている中で、自分が同じままだったら大変なんです。

変化を受け入れるということは、変化を受け入れて自分も変わっていくということです。覚悟や工夫が必要かもしれません。でも、それが一番楽で、楽しい方法です。そして、そのときに「タンスに5万円あれば別に死にはしない」そして「なんとなったら帰れる島がある」ということが、支えになってくれると思います。気楽にやれるといいですね。

ところで、変化は、変に化けると書きます。自慢ではありませんが、私も変だ変だと言われます。そしてそれはとてもいいことだと思っています。これからの変化し続ける世界では、最初から変わったところがあるというのは、実はお得なことです。自分の中で、人とは違うことを探していきましょう。ぜひ、「やってみなくちゃ分からない」の精神で。

男木島をいつか出ていき、でも、帰って来られる場所があって、そのことを支えにしながら、広い世界、しかも変わり続ける世界で、のんびりと楽しく暮らしていただければと思います。僕も寿命があと50年くらいあり、変化のタイミングが10回くらいはあると思いますので、一緒に頑張りましょう。

今日は卒業式という人生の節目ですから、未来の話をしてみました。あらためまして、おめでとうございます。これで挨拶を終わります。

令和2年年3月13日
高松市立男木小中学校PTA会長
西川伸一

平成30年度、男木小中学校卒業式のPTA会長 祝辞

私、男木小中学校のPTAの会長をしておりまして、本日卒業式が執り行われまして、そちらで祝辞の挨拶をいたしましたので、記念のために原稿を保存。


本日の卒業式にあたり、PTAを代表いたしまして、お祝いの言葉を述べさせていただきます。

卒業生の皆さん、本日はご卒業おめでとうございます。
保護者のみなさま、お子様のご卒業を心よりお祝い申し上げます。
ご来賓のみなさま、地域のみなさま、本日はお忙しい中、ご臨席を賜りましてどうもありがとうございます。保護者を代表して、心よりお礼申し上げます。
校長先生をはじめ、諸先生方には子どもたちを優しく、厳しくご指導いただき、本当にありがとうございました。

Aさん、Bさん、Cさん、今日まで元気に育ってきてくれて、本当にありがとうございます。私たち男木島の大人たちは、あなたたちが楽しく元気に育ってくれていることに感謝しています。

さて、突然ですが、今日はみなさんの寿命についての話をいたします。みなさん、自分の平均寿命は何才なのか、知っていますか?何才まで生きるのでしょうか。昨年のデータによれば、日本人の平均寿命は男の人が82才くらい、女の人は87才くらいだということです。ここで気をつけないといけないのは、これは、今、日本で生きている日本人全員のことで、今ここに座っている子どもたち、あなたたちが何才まで生きるのかを計算したものではないということです。

さて、では卒業生のみなさんの寿命の正解を申し上げますと、ざっくり言いまして、今子どものみなさんは100才まで生きることになります。人生、100年です。それから、80才になったとき、今の80才とは比べものにならないくらい、元気に暮らしているだろうと言われています。

今の70才、80才のおじいさん、おばあさん、だいぶ元気ですよね?でも、もっと元気だということなんです。だいたい今の60才くらい、つまりみなさんのおじいさん、おばあさんくらいの元気さで、今でも仕事をしたり元気に旅行にでかけたり、山登りをしたりしていると思うのですが、そのくらい元気で80才を迎えます。

どうでしょう。中学校を卒業する15才の二人はあと85年、小学校を卒業する12才のCさんはあと88年生きます。西暦で言って、だいたい2105年ですので、22世紀ですね。ドラえもんが22世紀から来てますので、その世界を生きることになりそうです。

どんな世界なんでしょうか。未来学という未来のことを研究する人たちが、どんなことを言っているのか調べてみました。

あと10年もすると、みなさんは25才くらいですが、車は自動運転になって、座っているだけでよくなるようです。運転免許証を使う機会も、あんまりなさそうですね。20年たつと、月に基地ができて1000人くらいが暮らしています。30年たつと、人間の形をしたロボットが、人間の最強チームに勝って、食器洗いや掃除などはロボットがやるようになります。50年たつと、3Dプリンタで街を作るようになります。火星に人が住み始めるのが100年後、ということで、みなさんもがんばればギリギリ間に合います。宇宙旅行が可能になるのは、大人になってしばらくしたころには確実で、孫が生まれる頃には、ちょっとしたお金持ちならいけるようになっていて、ひ孫が生まれる頃には、今の海外旅行くらいになってるようです。信じられないかもしれませんが、多分本当です。ぼくが皆さんの年齢だった頃には、車を運転する人は紙の地図を見ていましたし、電車の駅の改札口には、切符を受け取る駅員さんが10人くらい立っていました。まさか、携帯電話で話をしたり、インターネットで調べ物をしたり、Google Homeに声で話しかけて歌を流したりすることになるなんて、思ってなかったんです。だから、自動運転の車くらいのことは、まあ起こるだろうなと思います。

さて、だからなんなのだという話です。そういう世界だから、どう生きろというのか、気になりますか?僕もこの10年くらい、そんなことをずっと考えているのですが、残念ながら、ぼくにも答えは分からないのです。これからの日本、世界は、こんな調子でどんどん変わります。そして、そういう世界を生きたことのある人はいないのですから、誰にも答えは分からないのです。みんなが当たり前に100年生きるという世界もまだ来たことがないので、答えは誰にも分からないのです。ですから、楽しくやって生きていくのが大事です。そのために、これから何十年も元気に暮らしていく僕たちとして、何を勉強したらいいのかを考えましょう。どんな遊びをして、どんなことにチャレンジして、生きていけばいいのか、これからの中学校生活、高校生活、それからその後の80年くらいを楽しくがんばっていってください。

今日は卒業式という人生の節目ですから、未来の話をしてみました。あらためまして、おめでとうございます。これで挨拶を終わります。

平成31年3月15日
高松市立男木小中学校PTA会長
西川伸一


お気づきのみなさんもいらっしゃると思いますが、僕が最近読んだ、こちらの本のベースにもろに影響を受けて書きました。

LIFE SHIFT リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著

面倒な人は、漫画版もあります

WordCamp 男木島のポスター

ゆうきが書いたポスター。

佑生が書いたWordCamp男木島のポスター。
父談: 「つぎのWordCampはいつなの?」と聞かれて、東京で9月15日かなぁ、と答えたのに、彼の中では、なぜかもう一度男木島でWordCampをやることになってしまった。

アイキャッチ画像のクレジット: あすかさん(勝沼明日架さん)

ワードキャンプ男木島のじゅんびの日(こうはん)

つづきです。ぜんはんは、

ワードキャンプ男木島のじゅんびの日(ぜんはん)
この日記の続きです。

体育館に帰ったら、ガーランドを作りました。ガーランドは、おって、ひもにテープでくっつけて、運動会のようにつるします。まじまさん、と遊びました。

おって、ひもにつける

そのまたあと、村上さんと大木さんのリハーサルを見ていました。

とうじつ、話をしていた村上さんと大木さん

終わったら、図書館でご飯を食べました。図書館とさくらさんと、まどかさんにわかれて、食べました。そうめんとフルーツポンチがおいしかったです。

さいごに、プレパーティーをしました。チョコやポテトチップスをちょっと食べました。そこでは、女の人の名前を3人ぐらいおぼえました。さよさん、なべなん、おゆきさんです。「おゆきさん」や「おゆきちゃん」とよんでいます。

50人いて、あともう200人くるとたいへんだなと思いました。2時間位たったら、ほとんどの男の人たちがたこたこタクシーにとって高松へいったので、2/3くらい、いなくなりました。

ワードキャンプのお姉さんたちは、優しいなと思いました。

そのあと少しかたづけをしてから図書館で、に物をとって家に帰りました。そしてねました。

アイキャッチ画像のクレジット: あすかさん(勝沼明日架さん)

ワードキャンプ男木島のじゅんびの日(ぜんはん)

わたしは、この三れん休に「ワードキャンプ」にさんかしました。

まず、土曜日にじゅんびをしました。

はじめに、ようふくをたたんで、とうめいのふくろに入れました。XXLサイズがあってびっくりしました。キッズが黄色で、あかがスタッフ、水色が前でお話する人で、緑がお金をかしてくれた人です。(ティーシャツの色)とうめいのふくろに入る大きさにするのがむずかしかったです。

つぎに、ワプーの書いてあるふくろに、くつを入れるふくろとカードを二まい、ステッカーやうちわとタオルをリレーでわたしました。石部さんがくつ入れをわたしにわたして、わたしがカードとステッカーを佑生にわたしてうちわを入れて、ひなちゃん(ひなたさん)がタオルを入れて、中村さんにわたすというのをたくさんしました。とちゅうで、きゅうけいして、佑生とひなちゃんが入れかわりました。(佑生がうちわがむずかしいと言ったからです。)

体育館で、グッズを袋詰する作業をしているスタッフと子どもたち。

そのつぎにいこうとしたら、パパが「お昼ですよ〜。きりのいいところでおわってください。ごごからは、コミュニティーセンターでやさいを切る人と、とうだいで、テントをはる人と、体育館でじゅんびをつづける人に分かれてください。」と言いました。お昼は、おにぎりとおこのみやき+ブロッコリーでした。おいしかったです。

さいごに、わたしは佑生とコミセンに行きました。かずのりにいちゃんがテーラーにのせてくれました。なべさんとおびかさんとぽんださんとあともう二人ぐらいと佑生とわたしでしました。二チームに分かれて120人分の野さいをどうにか切りました。あらいものをして体育館に帰りました。

アイキャッチ画像のクレジット: あすかさん(勝沼明日架さん)

優花が書いた日記の1ページめ。
優花が書いた日記の2ページめ。
優花が書いた日記の3ページめ。
朝、じゅんびがはじまるとき
じゅんび中のようす
グッズ
できあがったところ
ワードキャンプ男木島のじゅんびの日(こうはん)
後半へ続きます。

男木島郷土唱歌のコード進行

男木島郷土唱歌という島民に永く歌い継がれてきた歌があります。島民みんなが歌えて、僕らもだんだん覚えてきたものです。歌詞が数十番あります。どんどん足されているらしく、最新は小中学生が学校再開を記念してなのか作ったものと聞いています。

それで、そのコード進行は多分以下なのでメモ。

C むかし | C ながらに
G 芳し | C く
C 備讃の | Am 瀬戸の
F 真ん中 | C に
G そらゆく | G くもも
F 淀ます | G る
C その名も | F 雄々 G し
C 男木 G の | C 島

Am G からサビのとこは一度 C に戻しても可。

iPhoneでポッドキャストを購読して聞く方法

ポッドキャストを iPhone で聞くのってどうやるの?というご質問をいただきましたので、ご紹介します。もちろん、このウェブサイトのポッドキャストのページからプレイヤーのボタンを押して聞いてくれても嬉しいんですが、そのページを閉じると聞こえなくなりますし、インターネットに繋がっていないところでは聞けなくなってしまうので、アプリを使ってほしいです。

Apple の Podcast というアプリを探してインストールする

App Storeを開いて、Podcastで検索してインストールしてください。

App StoreでPodcastと検索したところ
App StoreでPodcastと検索したところ

こんな感じで追加されます。
こんな感じで追加されます。

Podcast アプリでポッドキャストを購読する

iPhone のポッドキャストアプリで検索しているところ。いろいろ出てくるのでお目当ての番組をタップする。
iPhone のポッドキャストアプリで検索しているところ。いろいろ出てくるのでお目当ての番組をタップする。

そうすると、登録ボタンが出てくるの押してみよう
そうすると、登録ボタンが出てくるの押してみよう

こんな感じで登録済み(購読中)のポッドキャスト番組のリストが出てくるのでここから聞けるようになる。
こんな感じで登録済み(購読中)のポッドキャスト番組のリストが出てくるのでここから聞けるようになる。

この状態になると、ポッドキャストが更新されると自動的にダウンロードされて(ダウンロードは手動にも切り替えられるよ)、落ち着いて聞くことができるようになる。

RSSフィードのURLを使ってPodcast アプリでポッドキャストを購読する

上記のように検索して探さなくても、RSSフィードのURL(男木ラジオの場合は https://ogi.osampo-radio.com/feed/podcast/ja)を直接登録して購読することもできます。

マイPodcastの画面左上の+ボタンをタップして、
マイPodcastの画面左上の+ボタンをタップして、

URLを入力するだけ
URLを入力するだけ

切迫早産で自宅安静のときに見た、心地よく見れるおすすめNetflix映画7つ

妊娠初期(4ヶ月頃)から切迫流産、そして中期にはいった今(6ヶ月)は切迫早産の傾向があるということで、家でおとなしくしている妊娠生活を過ごしています。

今回が第3子の妊娠なのですが第2子のときも妊娠後期に1ヶ月ほど入院を体験しているためか、自宅安静だけど気持ち的には余裕があります。

今回はもともと好きな映画鑑賞もしちゃおう、ということで、はじめてNetflixに登録して映画も見始めました。妊娠中、しかも自宅安静ということで、もともと苦手なホラー系は見てません。心地よく見れる映画をピックアップし、おすすめだったものをあげてみます。

“切迫早産で自宅安静のときに見た、心地よく見れるおすすめNetflix映画7つ” の続きを読む

島(男木島)での一日の暮らしのスケジュール

真理子です。

瀬戸内海の島、男木島に家族で移住して間もなく1年が過ぎます。移住した経緯などは、こちらにあるのですが、夫がたまたま島を訪れる機会があり気に入って、移住することが夫婦の会話で出始めたのが2015年9月頃。

実際に引っ越しをしてきたのが2016年の3月。そろそろ一年になろうとしています。

バンコクから男木島に到着!ここから始まりました。

あまり想像がつかなかった島での生活

島の様子は旅行客が書いたブログや、すでに Facebookでつながっていた福井夫妻のポストから「こんなところかあ」とは見えてきていたのですが、幼児2人を連れた私たち家族が島で暮らすとなると、どんな暮らしになるのだろう・・・子供は自由に島を散策して遊びまわることができるなら子育てに良い環境だな・・・とかしか思いつきませんでした。

私と子どもたちは引越しまで男木島を訪れることはなく移住となったため、「一回も訪れずによく(夫の引っ越しの意向に)同意したね!」と言われることが多いのですが、引越し前に男木島へ訪れていた夫にお願いしたのが、「スーパーや家、学校の様子など、写真撮れるようだったら撮って見せて〜」ということだったくらいです。

島(男木島)での一日のスケジュール

というわけで、移住後の様子。私達の一日のスケジュールを書いたら、暮らしの様子が伝わるかなぁと思うので、やってみたいと思います。

“島(男木島)での一日の暮らしのスケジュール” の続きを読む